食品の輸出入をしている会社です。自社商品として、台湾から輸入しているココナッツバイトというお菓子や馬告というスパイス、ローズライチワインというお酒、国産では青いお酒清藍を取り扱っています。

会社概要

  • HOME »
  • 会社概要
会社名称 縄時食品株式会社
所在地 〒224-0032
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央9-17-2C
TEL 045-507-9261 / FAX 045-507-9262
設立日 平成27年12月18日
役員 代表取締役社長 西田賢二
専務取締役   藤崎友香
資本金 1000万円
取引銀行 みずほ銀行千葉支店、横浜信用金庫
年商 約3.4億円/年(取扱高)
事業内容 1.自社商品の企画開発及び販売
2.台湾など海外からの食品輸入卸売
3.海外向け小売チェーン店向けPB食品の企画・開発
4.日本製食品の輸出
5.インターネット販売
免許 酒類販売業免許(酒類輸出入・PB卸売・通信小売免許)
取扱品目 菓子、酒類、スパイス、美容健康食品、等
主要取引先 株式会社アイネットホールディングス、株式会社キャメル珈琲、国分グループ本社株式会社、株式会社 成城石井、全国流通菓子卸協同組合、日本酒類販売株式会社、三井食品株式会社、株式会社 有隣堂、株式会社Village Vanguard Webbed、等
(五十音順・敬称略)

社長あいさつ

代表取締役社長 西田賢二

 私は中学生の頃から中国文化に興味を持ち、高校一年生から独学で中国語を勉強し始めました。1987年に初めて一人旅で中国を訪れ、大学卒業後はメーカーからの派遣留学や駐在員として台湾、中国に滞在し、1990年代初頭の中国において現地法人の立上げに携わりました。その後、会計系コンサルティング会社を経て、IT系アウトソーシング事業会社にて中国でのベンチャーキャピタル投資に携わり、幅広い人脈を築くことに成功しました。

2008年に独立後は、中国北京で洋菓子工場を立ち上げ、ネットショップでの販売事業を行い、現地の消費者に喜ばれる菓子作りに邁進いたしました。そして、その経験が買われ、中国最大のベビー用品チェーン店向けの食品プライベートブランド商品開発を一手に引き受けることになりました。

近年は中国で食の安心安全への意識が高まり、日本製食品へのニーズが拡大してきたことから、2015年に活動拠点を日本へ移し、縄時食品を設立するに至りました。

弊社では、皆様の健康と楽しい暮らしに貢献するをモットーに、美味しく健康的で楽しい気持ちになれる食品の開発・開拓に勤めてまいりました。台湾等のアジア地域から素晴らしい菓子・酒類を輸入して日本の皆様にお届けしております。また、日本でアイディア溢れる楽しいオリジナル商品を開発し、国内外へ販売をしております。

「縄時」の由来は私の父の実家が神戸で江戸時代から代々営んできた老舗穴子屋「縄時商店」です。残念ながら阪神大震災の影響で廃業してしまいましたが、その美味しさで多くの人から愛されてきました。屋号を受け継ぎその名に恥じぬよう、皆様にご愛顧いただける会社を築いて行きたいと思っております。

縄時食品株式会社
代表取締役社長 西田賢二

PAGETOP
Copyright © 縄時食品株式会社 All Rights Reserved.